ロリカリアとアクアリウム+DIY

ロリカリアの飼育とアクアリウム関連のDIY記録です

高さ調節の出来る、子ども用学習机を作る その④

 

f:id:tateyama_dx:20200216222641j:plain

水合わせ中

水合わせの仕方って賛否両論あると思うのですが、我が家では基本点滴法です。

点滴法なので温度合わせもしません。

魚種にもよりますが、1時間~3時間かけて水合わせします。

家の中の水槽から水槽へ移動する時もよほど強い種類でなければ点滴法で移動してもらいます。

「しなかったから死んだ」って思うのが嫌なんですよね。

やってて尚死んだなら他に原因があるかも、と思えるのですが、水合わせを適当にしたから死んだ、って思っちゃのがきついです。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222650j:plain

そんなこんなでオーバーフロー水槽アンモニアが検出されなくなったのでいい加減お引越ししてもらいました。

かれこれ4か月近くサテライト生活をしてもらっていました。

サテライト生活をしてもらっていて分かったのですが、この子たちの食べる量半端ないですね。

20センチクラスの子にあげてる量の3倍程度を朝晩に分けてあげていましたが毎回食べきってました。

成長期なのもあると思いますが、よく食べます。

 

 

そういえば、移動してからようやくこの子達の模様の意味が分かりました。

f:id:tateyama_dx:20200216222853j:plain

こんな感じで潜るんですよ。

分かりますか?真ん中の黒いラインの部分だけ砂から出てるんです。

完璧とは言えませんが(笑)。

恐らく出生地では白砂なのかな?石とか流木とかに擬態してるつもりなんだと思います。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222633j:plain

なぜか放射線状に並ぶカメレオンちゃんたち。

これからの成長が楽しみです。

 

 

こんばんは、館山です。

前置きがながーくなってしまいましたが、学習机DIYの続きを書いていきます。

tateyama-dx.hatenablog.jp

 前回まではこちらをご覧ください。

 

 

 

tateyama-dx.hatenablog.jp

 こちらでも書きましたが、トリマーで加工したのでまずはそちらの解説をしていきます。

実は、引き出し用の木材を1セット分しか購入していないことに気付き、もう一度同じ工程をするハメになったので、今回はちゃんと撮影しておきました(笑)。

 

 

溝掘り加工をする

私が一番苦手な溝掘り加工です。

ビットが悪いのかなーと思って別のを買ってみたらさらに悪くなったのは内緒です。

そりゃあ直線で木を切るのでさえ難しいのですから、まっすぐ溝を掘るのなんてもっと難しいに決まってますよね。

溝掘りのコツはとにかく動かないようにすることです。

かなりの力で回転していますから、油断すると加工する木材がすぐに動きます。

というわけでしっかりと固定します。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222703j:plain

そんなこんなで試行錯誤した結果です。

 

作業用机に加工する木材とガイド用の木材を固定した状態です。

今回加工する木材は60㎜幅なのでちょっと狭かったので、同じ厚みの木材を隣に置いています。

その同じ厚みの木材ごとガイド用の木材を固定することでずれないようにしています。

Cクランプで木材を固定する際は、表面が荒れますので必ず間に何か噛ませて下さい。

写真ではアクリル板の端材を挟んでいます。

ウールボックスを作った時の余りです(笑)。

余談ですが、木材でもプラでもそうなんですが、端材はなるべく取っておいた方がいいと思っています。

何かしら使えるんですよね。

例えばドリルとかトリマーの切れ味や加工寸法が合っているかどうかの確認や、当て板にしたり、今回みたいに緩衝材にしてみたり。

場所を取りますから難しい問題だとは思いますが、推奨します。

 

 

ガイド用の木材を固定する位置は、キチっと計測してから決めて下さい。

基本的には、加工する木材の端からの距離+ビットの直径+トリマーのガイドの端からビットまでの距離となります。

今回は、引き出しの底板用の溝を掘るので、木材の端から5㎜の位置に溝を掘ります。

そして、5.5㎜のMDFの板をはめるので、6㎜のビットで掘ります。

 

f:id:tateyama_dx:20200216222717j:plain

トリマーのガイドからビットまでは43㎜でした。

5+6+43で54㎜となります。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222711j:plain

撮影が下手なので分かりづらいですが、54㎜キッチリにガイド用の木材を固定しています。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222724j:plain

ガイド用木材の反対側も固定出来れば良いのですが、いちいち専用の台を用意するのも面倒なのでCクランプの代わりに膝を使いました(笑)。

 

 

 

トリマーはもちろんブラック&デッカーのトリマービットを使います。

そりゃあきちんとしたトリマーがあれば言うことなしなんですけどね。

やっぱり値段には勝てません・・・。

あまり評価は高くないようなのですが、コツを掴めば何ら問題なく使えます。

 見ての通りガイドが丸いので、削り始めや行き詰った時はトリマー自体を回転させるように動かすとうまく削れます。

ちなみに、このトリマーは安全装置がついていて、ボタンを押さないと動かないようになっているのですが、一度動いてしまえばボタンは離しても大丈夫です。

最初はボタンを押しっぱなしにしていなければダメだと思い込んでいたのでかなり苦労しました・・・。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222730j:plain

ということで削ります。

これぐらい削った1回止めてCクランプを追加します。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222736j:plain

こんな感じです。

これでさらにずれるリスクを減らせます。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216225753j:plain

Cクランプの部分まで行ったらまた1回止めて、Cクランプを移動させます。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216222753j:plain

こんな感じでバックさせて、残りを削っていきます。

端部を削るのが一番怖いのですが、ゆっくり落ち着いてやれば問題ないと思います。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216225744j:plain

無事削れたら、はめる予定の底板の端材何かでちゃんとはまるかどうかテストしつつ、前後に移動させてついでにバリを取ってしまうと後が楽になります。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216230622j:plain

成功例

f:id:tateyama_dx:20200216230629j:plain

失敗例

油断してて固定が甘かった&ぼーっとしててトリマーが動きまくった物です。

まあ、引き出しの内側のことなので大して問題はありません。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216230615j:plain

とりあえず枠状に置いて底板をはめてみた所です。

最初に木工用ボンドで接着しますが、底板は後ではめます。

なので、3か所だけ先に接着していきます。

しっかりとビス止めしてから底板をはめないと、実は微妙に入ってなかったり、入らなかったりすることがあります。

底板をはめた状態で固定してしまうと、万が一ずれが生じていた場合修正が難しいのです。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216230649j:plain

手前側にはボンドは塗っていません。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200216230643j:plain

上から底板を乗せてみて、縦横が合っているか確認しておきましょう。

ごくたまーに縦横間違えることがあるみたいなので(笑)。

 

それでは今日はこの辺で。

次回には完成までいけると思います。

川でガサガサとワークテーブル購入

f:id:tateyama_dx:20200211225400j:plain

今日は1日早い息子の誕生日パーティーをしました。

パーティーと言っても近くの実家に行き、おばあちゃんに大好きなハンバーグを作ってもらい、みんなでケーキを食べる、それだけです。

実際の誕生日は明日12日なのですが、ちょうど祝日だったので今日になりました。

ケーキは仮面ライダーエグゼイドです。

何代前?4代前?いまだにエグゼイドが好きです。

そんな息子の誕生日に何とか勉強机を間に合わせたかったのですが・・・。

 

ほぼ進展してません、こんばんは、館山です。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200211222741j:plain

f:id:tateyama_dx:20200211222748j:plain

とりあえず塗装は終わりました。

ここまでに塗装後に加工した部分も塗装しなおしました。

写真を撮るのを忘れたのですが、引き出しの制作に難航しております。

以前書いたと思うのですが、トリマーでの溝掘りがうまくいかず・・・。

しかもトリマー加工に関してはどうしても固定をしないと出来ないので、日中に外でやる必要があります。

なので中々進展していないというのもあります。

とりあえず本日色々試して何とか形になったので来週の日曜日には完成しそうな気がします。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200211222803j:plain

 

BOSCH(ボッシュ) ワークベンチ PWB600

BOSCH(ボッシュ) ワークベンチ PWB600

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

以前から気になっていたワークテーブルを買いました。

DAIKIのが一番安かったのでDAIKIで。

値段はピンキリですがどれも大して変わらないでしょう。

買ってみましたが・・・今の所使い道はありませんでした・・・。

あると便利かなーと思ったんですけどね。

自作の作業台とCクランプがあれば別に何とでもなりそうな気がしました(笑)。

丸ノコとか取り付けられるやつもあるので、そっちのだともっといいのかもしれません。

数年前までヘビースモーカーだったこともあり、こういった工具関係を気軽に買うことが出来ませんでした(金銭的な理由で)。

基本的にアクアリウム関連も、DIY関連も全てお小遣いの範疇でしています。

水槽にかかる電気代も一応払っています(既定のお小遣いから天引きしてもらっています)。

たかだか1,500円程度のワークテーブルですが、今の所若干後悔しているので、何とか使い道を見つけてあげたいと思います(笑)。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200211222757j:plain

しばらく行ってなかった川ガサガサにも行きました。

目的はヌマエビです。

ちょっと目減りしてきたかな、と感じたので久しぶりに採集に。

ガサガサを始めると平気で2~3時間経っています。

今回はスマホがマナーモードになっていたせいで、嫁からの電話にも気付けず長居しすぎました。

しかし生物が減っています。

地球温暖化の影響なんでしょうか?

以前ならヌマエビ系が数百匹は簡単に取れていたのですが、以前のポイントでは全く取れず、ポイント探しに1時間以上費やしました。

何とか100匹弱ぐらいかな?採集出来ましたが厳しい状況でした。

おまけで銀フナも3匹ほどゲットしました。

屋外水槽が寂しかったのでとりあえず住んでもらうことに。

ただ、3匹とも黒点病がひどいのでどうかなあと。

治し方も出ていないので、少しでも長生きしてもらえるように頑張ります。

高さ調節の出来る、子ども用学習机を作る その③

 

f:id:tateyama_dx:20200203222043j:plain

ネロリカリア・ランケオラータ

うちで生まれて2年経った子です。

ようやく成魚って言っても良いサイズかなー?といった感じです。

写真では分かりにくいですが、背中に生えている毛?がエメラレルドグリーンに光っていてもの凄くキレイです。

ランケってよくカッコいいって言われますけど、うちの子たちはキレイです、凄く。

調子が上がってる子はだいだい光沢みたいなのが出てます。

 

こんばんは、館山です。

子ども用学習机DIYシリーズ第3回目です。

相変わらず亀ペースでの進行具合ですがご了承ください。

tateyama-dx.hatenablog.jp

tateyama-dx.hatenablog.jp

 なかなか平日は音を出す作業が出来ないので先週は進み具合が悪かったのですが、日曜日にだいぶ作業を進めることが出来ました。

と言っても、半日は足りない部材などを買いに走っていたので実質は半日しか作業出来てませんが・・・。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203222050j:plain

とりあえず先週中に思い立ったことがあったのでとある部材を加工します。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203222056j:plain

木口を45度にカットしました。

丸ノコでえいやっとやりました。

2本カットしましたが、1本はちょっと端っこが欠けてしまい残念な結果となりました。

まあでもまずまず出来ではないでしょうか。

ちょっと手抜きをしてしまい、途中で刃を止めてしまったので、若干刃の跡がついてしまいました。

サンダーでしっかりと研磨し、そこそこキレイになりました。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203223555p:plain

カットした部材はこの部分の部材です。

高さ調節をするために、この部材に机の天板を固定し、この部材を上下させることで高さ調節をします。

手前が座る側なのですが、ちょっと木口の角が気になったのです。

なので今回45度にカットし、座っている時でも違和感がないようにしてみました。

f:id:tateyama_dx:20200203224140p:plain

分かりにくいですが加工後はこんな感じになります。

 

 

続きまして高さ調節のかなめ、鬼目ナットを入れる下穴を開けます。

鬼目ナットとは、簡単に言うと木材にボルト止めするために取り付ける金具のことです。

こうすることで、組みつけた部材を外すことができるようになります。

フレーム部分はビスで止め、天板のみ鬼目ナットでボルト止めすることにより、高さ調節を出来るようにします。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203222118j:plain

鬼目ナットは種類が色々あるので、よく確認してから取り付けるようにして下さい。

ちなみにEタイプは、六角レンチでねじ込むタイプで、完全に木材に埋まるタイプです。

ハンマーで叩いて入れるタイプや、完全に木材に埋まらないタイプなどもあります。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203222103j:plain

f:id:tateyama_dx:20200203222109j:plain

例のごとくJW-CADで寸法を引いて印刷して仮付けしています。

こうすることでいちいち計ったりしなくていいので楽チンです。

ちなみに穴を開ける際はどの穴あけよりも注意して開けて下さい。

鬼目ナットが斜めに入ってしまうと、最終的にボルト止め出来なくなります。

1本か2本で固定するなら何とかなりますが、今回は左右合わせて4本で止めるので、正直ミスると厳しいです。

 

 

 

現在若干ミスって焦ってます(笑)。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203222131j:plain

f:id:tateyama_dx:20200203222124j:plain

鬼目ナットをねじ込む際は、ちょっとだけ木工用ボンドを塗ってあげるとさらに密着度が増します。

ただ、どうしても溢れてくる?ので、拭き取ったりするのが面倒です。

塗るか塗らないかはお任せします。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203225624j:plain

取り付け後。

どうしても取り付け部分が荒れてしまうので、後ほどタッチアップして補修しましょう。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200203225616j:plain

組んでみるとこんな感じになります。

イメージできますかね?

この取り付けた部材に天板を乗せて固定するというわけです。

さて次回はいよいよ完成か!?

ではおやすみなさいませ。

 

高さ調節の出来る、子ども用学習机を作る その②

f:id:tateyama_dx:20200128222744j:plain

プンティウス・ロンボオケラータスです。

だんだんと体高が増してきています。

何か・・・マッチョっぽい?

中層~上層の小型魚はカラシン類かグッピー類しかほぼ飼っていない中、何となく迎えたこの子達。

やっぱり動きがちょっと違って面白いですね。

 

こんばんは、館山です。

学習机DIY2回目です。

大して進んでいませんがご覧ください(笑)。 

tateyama-dx.hatenablog.jp

 1回目は↑をどうぞ。

 

塗装が大体終わったのでとりあえず組んでいきます。

というのも、ここら辺から同時進行していかないとちょっと時間に余裕がなくなってきたのです。

メインフレームの塗装は終わったので、組み立てつつその他の部分も塗装していくことにします。

 

 

 

木工用ボンドで仮付けする

組み立てする際はやはり安定の木工用ボンドで仮付けします。

といっても、今回はニューアイテムがあるのでほぼ本付けに近い強度で接着出来ます。

 

f:id:tateyama_dx:20200128222749j:plain

デデン!

結構前に買いましたがようやく出番です。

そう、ベルトクランプです。

 

とりあえず1回木工用ボンドをつけずに装着して、簡単に組める程度まで緩めます。

そして木工用ボンドを「え?これじゃあ少ないかなー」って思うよりも少なく塗ります。

圧着すると思いのほかはみ出てくるので塗りすぎには注意です。

木工用ボンドが塗れたら、関係ない部分につかないよう慎重に組んで、ベルトを締めます。

出来るだけ力一杯締めます。

そしてハンドルを回せば圧着されます。

これ凄い便利です。

直角がキレイに出ますし、何より木工用ボンドで仮付けする際に怖い「浮き」がほぼ起こりません。

 

f:id:tateyama_dx:20200128222802j:plain

 

SK11 ベルトクランプ 木工用 SBC-350

SK11 ベルトクランプ 木工用 SBC-350

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

ベルトクランプ、おすすめです。

 

 

ビス止めする

木工用ボンドなので一晩寝かせれば大丈夫です。

ビス止めする前に印をつけるのですが、

f:id:tateyama_dx:20200128222702j:plain

f:id:tateyama_dx:20200128222656j:plain

こういう図を原寸大で印刷しておくと便利です。

〇はビスの頭をダボ埋めするための穴です。

私はJW-CADで1/10で書いて1,000%でプリントアウトします。

印刷した紙を枠線に沿ってチョキチョキして・・・

 

 

f:id:tateyama_dx:20200128222716j:plain

こんな感じで貼り付けます。

そして線の交点にポンチなどでマーキングをします。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200128222709j:plain

ハンマーもセンターポンチも100均の物で十分です。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200128222731j:plain

 

スターエム 70X-080 六角軸ダボ錐 8mm

スターエム 70X-080 六角軸ダボ錐 8mm

  • メディア: Tools & Hardware
 
SK11 ドリルガイドキット 4~12mm SGK-6

SK11 ドリルガイドキット 4~12mm SGK-6

  • メディア: Tools & Hardware
 

マーキング出来たら、まず左端のダボ推でダボ穴を開けます。

穴の深さは適当ですが、ダボ推の深さで大丈夫だと思います。

ダボ穴が開いたら下穴を開けます。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200128222737j:plain

今回は4.2mmのスリムねじを使用するので、3㎜のドリルで下穴を開けました。

右端のはドリルガイドです。

正直使い方が難しい&面倒臭いのであまり活躍はしていませんが、今回はなるべくキレイに作ろうということで使用しています。

ちなみに、このドリルガイドでは3㎜用のガイドがないので、4mm用のガイドにスペーサーを入れて調節しています。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200128222724j:plain

仕上がり。

ね?簡単でしょ?

高さ調節の出来る、子ども用学習机を作る その①

ふと思ったのですが、DIYの記事を書く場合って、完成してから書くのですかね?

何となく作り始めたので忘れないように記事を書いていこうと思ったのですが、そもそも制作時間がほとんど取れないのに一体いつ記事を書くんだというジレンマを抱えています。

でも始めないと始まらないぞ、ということで新シリーズ始めます。

 

 

 

デデン!

 

高さ調整の出来る、子ども用学習机を作る!

 はい、というわけで子ども用の学習机を作ります。

うちには小学2年生の娘と年長の息子がいます。

一昨年、娘用の学習机を作りました。

なるべく安く、実用性のある机にしたい、という思いからDIYに踏み切りました。

水槽台を作る私を見て娘が作ってーと言ったことも大きな要因ですが(笑)。

今回は、前回の失敗した部分も踏まえつつ基本的には同じ形で作っていこうと思います。

 

f:id:tateyama_dx:20200121225057p:plain

完成形です。

本当なら現在娘が使っている机を掲載したい所なのですが・・・。

汚すぎて撮れません・・・。

この図面、というかモデル?はもでりんクラウド、というクラウド上で動くフリーソフトで作りました。

ちょっと使い方にクセがありますが、木工をする上では非常に便利な機能が多数ありますのでお勧めです。

 

 

材料調達

f:id:tateyama_dx:20200106230951j:plain

木材を買ってきました。

もちろん、カットはホームセンターで行ってもらっています。

水槽台を作る時は、強度とコスパからツーバイ材を使用していますが、こういった家具類を作る時はパイン集成材を使っています。

コスパは悪いですが、やはり圧倒的に見た目が良いです。

ツーバイ材は強度は良いですが、どうしても見た目や木材の質に偏りが出ます。

まあ本音を言うと、趣味の分は安く、大切にしたい物には多少お金をかける、という感じですかね。

言うほど高い材料ではありませんが(笑)。

ちなみに、先ほどのもでりんクラウドを使用すると、どの木材を何本購入すれば良いかを自動で計算してくれるので便利です。

私はいつものその画面を印刷してホームセンターに持っていき、カットを頼んでいます。
 

 

 ザグリ加工

f:id:tateyama_dx:20200106230958j:plain

高さ調節のキモになる部分です。

こちらのみホームセンターのDIYコーナーで加工してきました。

ボール盤にザグリカッターを取り付け、ザグリ加工した後、ボルトを取り付ける穴を開けています。 

 こんなビットです。

ここが前回作成時の反省ポイントです。

手でこの穴を開けようと思うとほぼ確実にずれるんです。

この穴がずれると、高さを変更する時にすごく大変です。

一度穴がかみ合わず、無理やり拡張したこともありました。

なので今回はこちらの加工には精度を求めました。

結果、加工済みの木材並みにキレイに仕上がりました(ドヤァ)。

ただ一つ失敗が・・・。

 

f:id:tateyama_dx:20200121231338j:plain

裏当てをするのを忘れていて、穴の反対側が一部めくれてしまいました。

見えない場所なので問題ないと言えば問題ないのですが・・・。

通常、貫通する穴を開ける場合は反対側に捨て板を当てます。

捨て板を当てないと、貫通した際に表面が荒れてしまいます。

 

 

 

f:id:tateyama_dx:20200121231312j:plain

きちんと裏当てをした場合、この程度までキレイに仕上がります。

皆さんも気を付けて下さいね。

 

 

 

 アール加工

f:id:tateyama_dx:20200106231011j:plain

天板です。

18㎜のパイン集成材です。

座る方の上側の角のみアール加工しました。

 

 

 こういう感じの物でアール加工します。

敷居が高そうに思えますが、慣れると割と簡単にできます。

特に、木口の角の処理をするのは割と簡単です。

溝掘りをするのはかなりコツがいると思います。

 

 

塗装が先か、組み立てが先か

DIYをする上で永遠の課題だと思います。

私は家具の場合は基本的に先に塗装をします。

最初の頃は先に組み立てていましたが、やはり後悔することが多かったのです。

理由としては・・・

 

①光の当たり具合で塗装出来てるかよく分からなくなる。

組み立ててから塗装しようと思うと、大きさにもよりますが塗る面ごとに光の当たり方が変わります。

すると、塗装具合がいまいち掴めません。

結果塗りムラに繋がることが多いです。

 

②隙間をうまく塗れない。

これはツーバイ材でよくあることなのですが、接合部がうまく塗れません。

どうしても木口の処理が甘かったり、相手側が歪んでいたりすることが多いので、接合部分に若干の隙間が出来ます。

ここにうまく塗料が入っていかず、気になります。

 

③重力に逆らって塗るのが大変。

とにかく裏面を塗るのが大変、というか面倒です。

そう、面倒です、これに尽きます。

 

 

もちろん、デメリットもあります。

先に塗装をしてしまうと、後で設計の変更等がしにくくなります。

やっぱり穴を増やそう、とか。

 

逆に、水槽台の場合は先に組み立てます。

組み立て精度に非常に気を使うので、先に塗装してしまうと、削ったりして微調整が出来なくなるからです。

しかし、上で言ったようにムラが出来たりすることが多いので、水槽台の場合は透明ウレタンニスを使っています。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200106231018j:plain

息子が選んだ塗料です。

本人たちが使うものですから、本人達に色を選ばせてあげています。

それがどんなにぶっ飛んだ色でも気にしません。

ちなみに娘の机は水色です(笑)。

 

 

f:id:tateyama_dx:20200121233345j:plain

とりあえず時間のある日に少しずつ塗り進めています。

そうそう、手について乾燥した塗料はお風呂の残り湯に少し手を付けると簡単に取れます。

水性塗料なので乾く前なら簡単に水で洗い流せますが、いちいち何度も手を洗ってられませんからね(笑)。

ロリカリアと水流の関係

f:id:tateyama_dx:20200115224507j:plain

アイガンマナイっぽい子の稚魚たち。

もう一度よーく数えたら27匹いました。

こちらの角に8匹、もう片方の角に6匹固まっています。

どちらも水流が強い場所です。

なぜ・・?

疲れないの・・・?

大体毎回サテライトで育成するのですが、ここまで集まったのは初めてです。

というか普段は100匹前後孵化するから気にならなかったのかもしれません。

 

f:id:tateyama_dx:20200106231045j:plain

そういえば以前紹介したこちらの写真。

見ての通り適当に設置した関係で、2213の排水パイプが水槽全面右から左に向かって出ています。

2213を使ったことがある方ならわかると思いますが、直射だと結構な水流になります。

そこで気づいたことがあるんです。

ランケ達が水槽左手前あたりに集まっていたんです。

ほぼ、上部フィルターの排水パイプの裏に引っ込んでいた子たちが全面に出てくるなんて・・・。

単に隅っこが好きなだけかと思っていたのですが、どうやら水流に当たっていたみたいです。

 

ただ、さすがに直射だとテトラたちが辛そうだったので別のフィルターのシャワーパイプを無理やりつけてみました。

すると・・・。

 

f:id:tateyama_dx:20200114224331j:plain

丁度水流が当たるような場所です。

仲良く3匹集まっています。

やはり水流が好きみたいです。

現在馴染ませ運転中のオーバーフロー水槽はかなりの水流がありますので、どうなるか楽しみです。

 

それと上の写真の真ん中のランケさん、背びれが立ってません。

奇形で立たないわけではなくて純粋に立ってないのです。

ちなみに他の兄弟は大体立ってます。

英語力があれば色々調べられるのになあと思う今日この頃です。

アイガンマナイっぽい子の人工孵化

 

tateyama-dx.hatenablog.jp

 こちらの卵ちゃんたちですが、無事・・・ではないですが無事孵化しました。

恐らく28匹です、今回少なめです。

んで結局1匹以外は全て人工孵化?強制孵化?させました。

要は人の手で殻から出すと言いますか・・・。

うちのロリカリア達はほとんど私が殻から出してあげてます。

お父さんがしっかりしていればたぶん勝手に出てきます。

胸鰭で刺激を与え、稚魚もそれに答え、親子で殻を破るような感じです。

しかし、そもそもお父さんが育児放棄したり、刺激を与えるのが弱かったりするとうまく孵化できなかったりします。

今回も、1匹目が孵化したのが4日前です。

残りは昨日まで殻の中でよく動いていたのですが、今日はまったく動かず。

完全に魚の形も出来て外からでも模様が見えているぐらいです。

悩みましたが、筒からお父さんを出し、卵を取り出して指で殻から出してあげました。

 

f:id:tateyama_dx:20200114224344j:plain

f:id:tateyama_dx:20200114224340j:plain

何度見ても可愛いものです。

正直、このやり方が良いのか悪いのかは私には分かりません。

もし、うまく孵化せずに死んでしまう、ということがある方は試してみるのもいいかもしれません。

 

今回は初期試料は冷凍ブラインでいきます。

夏場であればブライン沸かそうかとも思ったのですが・・・正直冬場は面倒くさすぎるのです・・・。

一応ハッチャーも2個持ってるんですけどね・・・。

1週間ほど冷凍ブラインあげて、その後はオリジナルブレンドフードあげようと思います。